MENU

「現状を変えるために行動した」学生マーケターのそるたーが月収50万を達成するまで【対談企画】

2019 11/14
「現状を変えるために行動した」学生マーケターのそるたーが月収50万を達成するまで【対談企画】

みなさんいかがお過ごしでしょうか。コンドウハルキ(@halukik_0520)です。今回は下克上サロンで初めてとなるゲスト×サロン生の対談企画となっています。

記念すべき初ゲストの方は学生SNSマーケターとしてリストマーケティングやコンサルティングを行い、学生にして月収50万を達成したそるたーさん@salter7746)です。

対するサロン側の話者はこの下克上サロンの初代オーナーでもあり、ブログやツイッターを通して収益化を測る複業中学生のキメラゴン@kimeragon01)です。

コンドウハルキのアイコン画像コンドウハルキ
実は今回の対談が始まる前に、なんとキメラゴンと筆者はそるたーさんにラーメンを奢ってもらいました。ありがとうございます。

ビジネスで結果を出しているだけでなく、サラッと奢ってくれるようなイケメン大学生のそるたーさんに
・どのようにしてビジネスを始めたのか
・どのような考えを持ってビジネスに臨んでいるのか

という部分を語っていただきました。

2人の掛け合いの中で、マーケティングやビジネスに活かせる情報が次々と出てくる有益な記事となっていますので、是非最後までご覧ください!

目次

実は…電子書籍を出版するんです

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
実は年内に電子書籍出すんですよ。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
え!すごい。どういう内容なんですか?
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
今の義務教育の問題点だとか、もっとこうした方がいいよね?みたいなことをツイッターで知り合ったたね@T4_lVe)っていう教育系の人と共著で出すんですよ。

これは本にも書く内容なのであまり触れない方がいいかもしれないんですけど、一番実用的な教育って小学校で5教科を大雑把に終わらせて、それ以降はもっと専門的な技術や知識を選択して学んでいくっていうものだと思うんです。

こういうことを書きつつ義務教育の問題点にも触れていく感じですね。

「すげぇ。」

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
すごいなぁ。僕は教育システムがおかしいっていうことに気づいたのが最近だったので。

僕が思うに日本の教育システムって労働者を大量生産するものなんですね。実際上のお偉いさん達は労働者がいないと色々と困るわけですから。そういう部分の考察も本の構成に取り入れるとより良くなりそうです。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
これは普通に僕の見解なんですけど、労働者って今の半分以下に減ってもなんとかなるんですよ。AIや機械化が進んで労働者を肩代わりしてくれるので。

そうなると人間がする仕事ってやっぱりクリエイティブなものに特化した方がいいんですよね。

で、もっというなら低賃金で働いてくれる外国の方がどんどん流れてくるので、やっぱり日本人がやるべきでない仕事をやり続けるメリットはないのかなって思ってます。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
間違いないです。日頃こういう話を大学生にしても「は?」っていう反応が返ってくるので、中学生の時点で考えることができるのが本当に感動ですね。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
本を書く一番の目的は高校に入った時に「著書にこれがあります」って言いたいことなんです。こんなこと言えたら超ポイント高くないですか?(笑)

あと、AO入試で大学狙ってるので、勉強以外でアピールできる部分をたくさん作っておかなきゃなとは思ってますね。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
大学はどこを狙ってるんですか?
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
慶応ですね。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
慶応ですか…すごい。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
散々学歴いらない僕が慶応入ったらもう勝ちだなと思ってます。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
すごいですね。いやもうすごいしか言えない。

以前はゲーム三昧の日々を送っていたというキメラゴン

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
深く考えることなく今を楽しむ中学生が限りなく多い中、どうしてそういうことを考えるようになったんですか?
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
僕が今の活動を本気で始めたのって去年の12月ごろなんですけど、それまではゲーム三昧の日々を送っていたんですよね。具体的な夢もなくて、ただ漠然と「楽に生きていきたいな」と思っていたくらいで。

ただ昔から読書家で本は読んでいたので、考えることは色々とあったんですね。会社員よりも絶対に自分でやった方が効率的に幸せになれると思っていたこともあって、まずフリーランスになろうと決意しました。

当時はまだそれまで趣味でやっていたブログが収益化できるということを知ったくらいで、ブログのマネタイズを勉強しながら書き始めたんですけど、恥ずかしい話最初の5、6ヶ月は本当に知識不足でしたね。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
へーそうなんだ。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
「あーなんかいけそう」っていう感覚になったのは本当にここ最近ですね。

今はひたすら勉強をしてブログ全体での情報量を増やしながら、限られたキーワードを狙っていけばいけるって思ってるからいいんですけど、それまでは結構不安いっぱいでした。それを見せずにやっていたんですけどね。

「大学生活が充実していなかった」そるたーさんがビジネスを始めるまで

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
そるたーさんはなんでこういう活動を始めたんですか?
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
ビジネスを始めた理由は2つあって。1つ目は大学生活がそこまで充実してなかった」というのと、2つ目は自由なお金と時間が欲しかった」というのです。

1つ目から説明していくと僕の描いていた大学生活のイメージって、ノンストレスで自由で楽しいものだったんですね。

でも、大学受験に苦労してやっとの思いで合格した僕を待っていたのはバイトや授業に追われる忙しい日々でした。自分の想像とのギャップに、現状を変えなければと思いましたね。

なるほど。」

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
2つ目なんですけど、今の時代って時間に縛られずにYouTubeや好きなことを仕事にして生きてる人が結構多いなって思ってて。

そういうのを見ていて最初にYouTubeを始めたんですよ。僕、当時アイドルが好きだったのでアイドルの動画をまとめて載せるみたいなことをしてました。

そしたら1つの動画がバズって、100万回ほど再生されたんです。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
100万!?すげぇ。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
純粋に「これすげぇ」と思いました。そこから「YouTube以外にもビジネスあるんじゃね?」と疑問を持つようになって、ビジネスで結果を出せば自由な時間とお金が手に入るなということに気づきましたね。

あと、当時は結構下宿したいとも思ってました。下宿するためにもやっぱりお金が必要だということもあり、ビジネスに手をつけ始めたんです。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
僕が想像してたザ・大学生がビジネスを始める理由って感じですね。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
そうなんですよ。だからマインドとかも全然なくて。普通の一般人がビジネスを始めたっていう感じですね。

ただ、大学で何かしたいなとは思っていたので、ひたすら本を読んだりしていました。当時は本当にノウハウコレクターでしたね。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
ノウハウコレクター大事ですよね。そのまんまじゃダメなんですけど。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
ノウハウコレクターっていう順番に気づけたのは1つ大きかったですね。

マガジンは保険でやってる。将来を見据えての策略と考え

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
今やっているブログは1日1記事くらいのペースで更新しているんですか?

大人の事情によりキメラゴンの写真はこの1枚しかないので、使い回されていますが気にしないでください。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
毎日書いてることに変わりはありませんが、ブログだけではないんです。今は雑記ブログ、特化ブログ、有料マガジンの3つの媒体を持っていて、それぞれ書きたいネタによって使い分けてます。

僕、真面目なことから日常的なことまで色々なこと書きたいんですよ。ただ雑記だけに書くのはマネタイズとして微妙だし、特化に書くとそれはもう特化じゃなくなりますよね。

そこで作ったのが有料マガジンなんです。正直特化ブログは書くのに労力を使うので、毎日書いてると死んじゃうんですよ(笑)

今確認したら10月の記事数が30日間で10記事だったので、3日に1記事程度のペースですね。それ以外はマガジンに入れてます。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
そうなんですね。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
マガジンは購読者だけが読めるシステムになってるじゃないですか。それを最新記事だけ無料にしちゃえば誰にでも見てもらえるし、定期的に過去記事を宣伝して、読みたい人がいれば購読者になってくれますよね。

そしたら月1500円の固定収入になるし、1年後に100人が購読してくれていたらそれだけで生きていける収入になる。

「確かに!」

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
マガジンはどちらかというと、1年後にブログがうまくいってなくても収益を確保するための保険でやってます。

想定できるリスクは潰していかないとやっぱり安定はしないから、色んなことに手を出していくことが大事かなと思ってますね。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
そこまで見据えてるとは…すごいなぁ。そういう記事ってiPhoneのメモとかに下書きを書いたりするんですか?
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
メモは完全ノート派です。iPhoneのメモってちょっと違うなって思ってるんですね。

僕って文章でメモをしないんですよ。ここからここまでをこういう風に書いてみたいな感じで。そういう自由度でいうとノートの方が強いので、ちょっと良いノートを800円くらいで買って2ヶ月くらいで消費してます。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
素晴らしい。参考にさせてもらいます。僕も結構ノートを書く派なんですけど、800円とかのノートは使ってなかったので。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
日常的に使うものにはお金かけたいなあって思ってます。

席替えの時だけ学校に行く、キメラゴンの戦略

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
やっぱり3つ媒体を持ってたりすると、忙しくて時間を確保できなかったりしますか?
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
いや、全然そんなことないです。

やろうと思えばなんでもできますね。時間はフルに使ってるつもりですけど、開けようと思えばいくらでも開けられるので。

まあ基本不登校ですからね(笑)

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
確かに。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
不登校に関しても思うことがあるんですけど、普通の不登校って席替えの時に席移動しないじゃないですか。

ああいうのって人に迷惑をかけてる不登校なんですよね。それをしちゃうと周りに責められる部分を自分で作っちゃうので、僕は席替えの時だけ学校に行くんですよ。

「えーすげぇ(笑)」

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
言われたくないんですよ。何も考えてない友達に、「お前学校来ないと将来あれだぞ」みたいな。

お前ウゼェって思うんですけど、普通の人なら誰でも言うことなので耐えます。ただ、責められたくはないから席替えの時だけ「フゥー、通勤しよう」って。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
通勤(笑)
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
まあ学校行ったら行ったで読書が捗るんでね。そういう時間を使って、普段パソコンがあるとできないことを進めてます。一応学校に行ってても充実はしてる感じです。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
本当にイメージだけでいうと、正直学校通っていないっていう話を聞いたときに「ん?」と思いましたが、今の話を聞いて考えが変わりましたね。戦略家というか、色々と考えてるのはすごい伝わりました。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
今でこそ結構色んなことを考えてやっていますけど、最初こそ情弱だったんで。まあ今も情弱ですけどね。

やっぱりブログとかって、数ヶ月や1年続けてようやく稼げるとか言うじゃないですか。

あれって初期の状態初期の状態のまま頑張れば稼げるよっていうことじゃないんですよね。勉強しながら経験を積んでいるうちに、稼げる知識や技術が身について結果的に稼げるようになるっていう意味だと僕は捉えてます。

だからこそ、やっぱり日頃のインプットとアウトプットの流れは重要ですよね。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
色々参考になりますね。僕ですら若いって言われる年代なのに、僕よりも6歳も下で、考えてる部分は僕よりも上だと思うんですよ。

本当に今後が楽しみです。もちろん僕も成長していきますけど。

失恋からアイデアが!?電子書籍の出版も失恋がきっかけだった

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
やっぱりキメラゴンは頑張り方はわかってると思うから、変なストレスを抱え込んで活動が続けられなくなることがないようにすればどこまでもいけると思いますよ。

 

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
僕割と失恋とかで一気にやる気をなくすんですよ。

数々の失恋経験を乗り越えた顔をしている。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
一時やる気を無くしても、また復帰できるのなら全然良いと思いますけどね。結局復帰できない人もかなりいるので、どれだけセンスがあってもやっぱり続けていくことが大切かなと思ってます。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
でも結構落ち込んでる時とかにビジネスのアイデアが浮かんできたりして、それを進めてるうちに立ち直ってくることが多いですね。

つい先日も、クラブで知り合った子に振られたことが結構ショックで3日くらい寝てましたね。

振られた夜に、最初にも話したツイッターで知り合ったたねっていう人と通話したんですよ。「聞いてよー」みたいな感じで。それで色々と話してるうちに「一緒に電子書籍だす?っていう話になったんです。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
へー面白い。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
僕自身、書籍出版は前からやろうと思ってたんですけど、実行に移すきっかけとなったのは失恋なんですよ(笑)

あと2つ失恋と一緒に思い浮かんだアイデアがあって。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
気になる!
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
そのクラブで知り合った子と1ヶ月前に色々あったんですよ。ちょっとチューしたりとか、そっち系のことが色々あって。

で、その子に「その時に告白されてたらOKしてた」っていうのを聞いたんですよね。だからそれをYouTubeで説明した後に、その状況を全部再現して告白したらOKもらえるんじゃね?っていう企画をやったら面白そうだなと思ったんですよ。

告白系YouTuberみたいな。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
確かにそれは新しいジャンルですね。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
もう1つは婚活ビジネスのアイデアなんですけど、僕らが大人になった時ってもっと婚活とか結婚に対する需要が高まると思ってるんですね。

今の婚活パーティって申し込んでくれた人をパーティに呼ぶっていう形式のものしかないんです。でも、いくらパーティに参加してもモテない人ってそもそもコミュ力がないから成立しないんですよ。

そこで婚活パーティと、婚活での立ち回りを教えるセミナーを1つのコンテンツにしちゃって、セミナーを受講した人だけが参加できるパーティにすれば成約率が高くなると思うんです。お互いにコミュ力が上がってる状態でパーティをするわけだから、結果的に満足度も上がるんですよね。

まあ多分いつかやるんですけど、これも失恋から思い浮かびましたね(笑)

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
僕も色々ツイートしたりするんですけど、結構失敗談に対する反応が多いんですよね。やっぱり情報発信において失敗って大事かなと思ってて。

ビジネスを始める前の僕は失敗したらすぐ落ち込んでたんですけど、今は失敗もネタになることがわかってるのでポジティブ思考というか前向きに考えることができてます。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
それは僕も感じてます。電子書籍を書いた後に制作過程の記事とかも書こうと思ってるんですけど、そこで「そもそも書き始めた理由は僕の失恋だった」って書いたら超面白いじゃないですか。

だとしたら失恋してよかったなって思えますね。

スマホ一台で完結!そるたーさんが魅了されたビジネスモデルとは

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
そういえばさっき話してたリストマーケティングって誰かに教わったんですか?その話も聞きたいです。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
教わりましたね。

昔って結構インスタでビジネスアカウントからフォローされたと思うんですけど、それがうざすぎて、成敗してやろうと思って会いに行ったんですよね。

当時の自分はビジネスがしたいというより、いつもうざいから一発ガシッと行ってやろうと思って行ったんですよ。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
なるほど。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
そこでビジネスモデルを解説してもらって、聞いてみたら「面白そうだな」と思って始めましたね。
キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
そのビジネスモデルっていうのはどういう?

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
全部スマホ1台でできるんですけど、まずテーマを決めて自分の商品を作るんですね。テーマは受験であったり、ダイエットであったり、恋愛であってもいいんです。

それが僕は受験だったんですけど、受験に関するコンテンツを作るんですよ。例えば受験の勉強法だったり、計画の立て方を教材化します。

そしたらSNSを使ってターゲットである受験生に向けて宣伝して、LINE@とかに集客していく感じですね。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
へぇーなるほど。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
次に集客の方法について解説していくと、受験生って塾とかに通って大学受験に受かるイメージがあるじゃないですか。

まずその固定観念を壊してあげるために、
商品を無料でプレゼントするんですよ。で権威性とかを出しつつ「この人すごいな」って思ってもらって信用を獲得していきます。

最終的に、LINE@で自分のコンサルを受けてもらえるようなセールスレターを送るんですよ。僕は単価1万円で3ヶ月のコンサルをしますみたいな形でやりましたね。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
結構低単価ですね。
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
そうなんですよね。ターゲットが受験生だと支払い能力がないので。

そういうこともあって最初は受験をテーマにしてたんですけど、次に恋愛をテーマに友達と一緒にコンテンツを作ってやっていったんですね。そしたらそれが少し跳ねて、その収益とツイッターアフィリエイトで少々入ってきた収益で月収50万円を達成しました。

「行動することで身軽になってほしい」そるたーさんのこれからと想い

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
これからの展望とかってありますか?
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
これからは、リストマーケティングを教える側に回ろうと思ってます。今までは教えてもらいながら色々とやってたんですけど、自分でも勉強して知識やノウハウも熟知してきたので。

リストマーケティングをリストマーケティングするみたいな感じで、始めたのがそるたーのアカウントなんですよ。

今まではセールスレターを送って商品を買ってくれるのを待つ感じだったんですけど、単価が上がることもあってこれからは電話で営業とかもしながらやろうと思ってます。単価は9万8000円で3ヶ月のコンサルみたいな。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
なるほど。

熱く語るそるたーさん。

そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
なぜそれをやろうと思ったかというと、やっぱり僕の周りにも行動していなくて、将来を悲観しているような大学生が結構多いんですね。

僕自身、行動することでそういう状況から抜け出せたので。周りにもそうなってほしいなっていう想いがあります。

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
それ面白そうですね!
そるたーさんのアイコン画像そるたーさん
そうですね。結構ワクワクしてます。

いい感じでまとまったし、対談の撮れ高は十分そうですね(笑)

キメラゴンのアイコン画像キメラゴン
そうですね。じゃあせっかくカラオケに来てることですし歌いますか!(笑)

まとめ

今回は下克上サロン初のゲスト×サロン生の対談企画となりましたが、いかがだったでしょうか。

この記事を通して、サラッと奢ってくれるそるたーさんのイケメン具合を感じ取ることができたと思います。また、キメラゴンの話からも様々な気づきを得られたのではないでしょうか?

ちなみに対談を終えた後は筆者も交えて3人で歌い尽くしましたが、2人とも輝いた目で歌っていました。ビジネスで結果を出しているからといって、遊びからも手を抜かないスタンスには感心です。

コンドウハルキのアイコン画像コンドウハルキ
これからもこの2人の活躍からは目が離せませんね!そるたーさん、この度はありがとうございました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる