MENU

【現代人必見】スマホのフリック入力を早くする方法!

2019 8/08
【現代人必見】スマホのフリック入力を早くする方法!

どうも!フリック入力に自信がある下克上サロンライター班のソルトです。(@solt_blog)

日頃日常的に使っているであろうスマートフォンのフリック入力!

タイピングを早くすることで返信が早くできる、ブロガーの方は作業を早く終わらせることができるなどの時間短縮をすることができます。

この記事では普段、ブログの記事をスマホで書いている僕が日常的にフリック入力を早くできるようレクチャーします!

目次

設定を見直そう!

まず、入力方法をフリック入力のみにしましょう!

フリック入力以外に何があるかと言うと

「あ」というボタンを2回押すと「い」なるような機能をオフにします。(この入力方法をトグル入力といいます。)

iPhoneを使っている方

iPhoneのホーム画面→設定→一般→キーボード

の順に画面を進めてください。

「キーボード」の欄を開き少し下へスクロールして下の画像の矢印のところをオンにします。

これでフリック入力以外をオフにすることができました。

設定が終わった後キーボードの「あ」を連続でタップしてみてください。

すると「あああああ」のように打てるようになっているはずです。

※元からフリック入力だけになっている可能性もあります。

さて、準備は出来たのでいよいよ本題について説明していきます。

フリック入力のメリット

・連続で同じ文字を打つことができる(あはは←が打ち放題!)

・極めればパソコンのキーボードより早く打てる様に慣れる!

フリック入力を早くする方法をステップで分けて解説

ステップ1.フリック後になんの文字が打てるか覚えよう!

初歩的なことですが、これが完璧じゃないと早く入力することは出来ません。

フリック後になんの文字が打てるか覚えるというのは

例えば 

「あ」を↑に引っ張ったら「う」打てる

「か」を←に引っ張ったら「き」が打てるというのを覚えるということです。

このステップ1.はほとんどの方が出来ると思います。

ステップ2.両手を使う

これが1番難しいと思います。

下の画像の様にすると右と左のバランスがちょうどよくなります。

この配置でなくても自分に合った配置があるかも知れないのであくまで参考程度にお勧めします。

あとは慣れるしかありません。たくさん文字を打ちまくりましょう!

ステップ3.フリック入力でもブラインドタッチ

ブラインドタッチとはキーボードを見ないで文字を打つことです。

主にパソコンのキーボードでおこなわれるものですがスマホでも習得しておいて損はありません。

スマホの方がパソコンより覚えるものが少なくて簡単ですので是非やってみましょう!

ブラインドタッチをする事で誤字脱字をした際瞬時に気づくことが出来るので文字を打ち直す量を減らすことができます。

ステップ4.練習しまくろう!

結局最後は「慣れ」です。

文字を打ちまくるしかありません。

でも、なにを打てば良いのか分からないという方はタイピング専用のアプリをオススメします!

初級編・中級編・上級編 と分かれていて上級編になるとややこしいキーワードが出てきてかなり難しいです。

おまけ:キーボードアプリを使う。

キーボードアプリを使うと純正のキーボードにはない便利な機能を使用することができます!

アンドロイドではプレイストア

iPhoneではアップストア

でキーボードと検索するとたくさんキーボードアプリが出てくるはずです。

僕はその中でGboardをオススメします!

Gboardはグーグルが作っているキーボードアプリです。

Gboard - Google キーボード
Gboard – Google キーボード
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ


Gboardの特徴・メリット

・背景などを好きな画像に設定できる!

・キーボードに検索機能がついている!

まとめ

タイピングを早くする事で友人からの連絡を素早く返すことができますし、僕みたいにスマホでブログを運営している人はより一層快適に記事を書くことができる様になります!

この記事を書いた人

ブログ運営ロゴ作成などの画像加工をしている中学生! 好きな事・物 はゲームやガジェット 趣味はテニス Twitterでも活動中!

コメント

コメントする

目次
閉じる