MENU

スマホがストレージ不足!写真をGoogle フォトでバックアップして本体容量を軽くする方法

2019 8/08
スマホがストレージ不足!写真をGoogle フォトでバックアップして本体容量を軽くする方法

最近では、スマホでたくさんの写真を撮るようになりましたが、皆さんは撮影した写真をどのように保存していますか?

撮影した写真はそのまま写真アプリに保存しているという方が多いですが、写真や動画をたくさん撮っているとiPhoneの空き容量が不足してアプリが入らないなんてことも。

写真はいっぱい撮りたいけど、本体の容量が気になってしまうという方に向けて、今回はGoogle フォトという無料アプリを使って本体容量を軽くする方法をご紹介します。

目次

Google フォトって何?

Googleフォトとは、Googleが提供している写真管理・共有アプリです。Googleアカウントを持っているユーザーなら誰でも無料で利用できます。

Googleフォトの特徴は?

このアプリでは、端末がインターネットに接続されているときに自動で撮影した写真をアプリ内にバックアップをします。

バックアップをした写真はGoogleのサーバーに保存されるため、本体の写真を削除してもGoogleアカウントでログインした端末からいつでも写真を確認できます。

ただ、バックアップができる写真は16MB以内・動画は10GB以内である必要があるので注意が必要です。

Googleフォトのメリットは?

  • 本体から写真を削除しても、アプリから写真を見れる
  • 高画質の写真を無料・無制限で保存できる
  • スマホを紛失・買い替えるときに写真を移動する手間が省ける
  • Googleアカウントでログインできるすべての端末で写真を確認できる
  • 編集画面からトリミング・色調補正など簡単な写真の加工ができる
  • 共有アルバムを作成し、他のユーザーとアルバムを編集できる
  • 大容量ファイルも生成したURLを相手に送るだけで共有できる

Googleフォトのデメリットは?

  • バックアップ時に高画質設定でないとGoogle driveの容量を使う
  • Googleアカウントを持っていないと使用できない(13歳以下使用不可)
  • 写真のバックアップ時にモバイルデータ通信容量を消費する
  • 大量の画像データがある場合はバックアップに時間がかかる
  • 従来使用していた写真アプリとレイアウトが異なるため使用しにくいかも
  • アップした動画がオンラインでも再生までに時間がかかることがある
  • 不適切な画像がバックアップされた場合にアカBANされる可能性あり

Googleフォトでは何ができる?

顔を認識して検索ができる

Googleフォトでは、アップした画像から自動的に人の顔を認識してグループ化することができます。

アルバムには「人」という項目があり、アプリ内に保存されている写真に出現している回数が多い順に人の顔が並んでおり、顔をタップするとその人の映っている写真を絞り込んで表示されます。

「この人と一緒に撮影した写真を探したい」という時には便利な機能です。

撮影した場所で写真を分類できる

このアプリでは、端末の位置情報といったメタデータもバックアップされるので、撮影地や都道府県など撮影した場所から写真を絞り込むこともできます。

「以前にも同じ場所に来たことがある」なんて時には、撮影地から前に来たときに撮影した写真を探すこともできますね。

Google Lenseで写真内のものを検索

これは少し前に実装された新しい機能ですが、Googleの誇る高い検索技術・画像認識技術を駆使して、撮影された写真に映っているモノを画像検索できます。

「撮影したものと同じものが欲しいけど名前が分からない」といった時に、写真を基に検索をすると商品がわかるかもしれませんね。

まとめ

今回は、iPhoneで容量不足に悩まされているユーザーに使ってほしいGoogleフォトという画像管理アプリを紹介しました。

このアプリは、写真をバックアップして本体の容量を軽くできるだけでなく、撮影した写真を人や撮影場所ごとにまとめてくれる万能アプリです。

スマホで容量を気にせず写真をたくさん撮りたい!という方は、是非使ってみて下さい。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる